「Freude」の終焉

 「Freude」のページが遂にアクセスできなくなった…。

 アマチュアオーケストラ活動をしている人でこのサイトを知らない人はいないのではないだろうか。
 僕自身、今までどれほどお世話になったことだろう。基本的にアマオケのリンク集および演奏会情報・団員募集情報から構成されており、徹底的に滅私な方針で情報を集め、集約したおかげで全国からアマオケ情報が押し寄せ、「ここさえチェックすれば大丈夫」と思わせるほどの充実ぶりを長年見せていた。
 「Freude」はいったい何年前からあったのだろう。振り返れば僕が今所属している2つの団体も、かつて所属していた今はなき某アマオケも、いずれもここFreudeの団員募集ページで見つけて応募したのがきっかけだった。その時期を勘案すると僕はかれこれ15年ほど前からここを知っていたことになるし、その頃にはもう既にその地位を確立していた。
――ということはかれこれ20年ぐらいは運営されていたのだろうか…。自分が出演する演奏会情報をここに載せてもらったことも何度もあるし、返す返すもお世話になっていたんだなと今さらながら思う。

 そしてもう何年も、大体週イチペースで情報が更新され続けており、もうなんだか永久にその状態が続くような気がしていたのだが、その営々と続いていた更新が昨年末から何の断りもなくぴたりと止まった。最初のうちは今週忙しかったんだろうぐらいに気軽に考えていたのだが、それが2週間、3週間と続き、年が明けても更新されない日が続くとだんだん「もう2度と更新されないのではないか」と不安になってきた。
 そう、その存在のあまりの巨大さ故ににわかには信じられない事だがこの「Freude」、ひとりのアマチュアチェロ弾きが始めた個人サイトだったのだ。その膨大な情報管理も、毎週の更新も、ずっとひとりでやってきた。もしやその管理人に何かあったのでは――。嫌な予感が頭をよぎった。

 そして悲しいかな、その予感は的中してしまった。「Freude」がなぜいきなり更新停止したのか、その理由をネット上で調べてもなかなかヒットしなかったのだが、春になった頃ようやく、管理人が昨年12月に亡くなったという情報を見つけた。
 もちろん個人的に知っている訳ではないので、死因とか享年とか詳しい事は分からない。しかし12月に入ってからも更新されていることから、その死はかなり唐突に訪れたことが想像される。
 それからも「Freude」は最後に更新された状態のまましばらく閲覧できたのだが、先日アクセスしてみたら、ああ、やはり…「ページが見つかりません」になっていた。おそらくご遺族の方が正式にそのページを閉じたのだろう。

 この20年の間にインターネットはSNS主流の時代に突入したが、SNSというのは誰もが情報発信できる分、情報は限りなく拡散していちいち探してまわる必要にしばしば迫られる。「Freude」がひっそりとその幕を降ろした今、アマオケに関してこれだけ情報を集約してくれる、これに代わるようなサイトは今どこにもない。(コンサート情報に限ってはWellpine Music Clubのようなものがあるが) このような情報集約には多大な手間と時間がかかっていたはずで、それを何年もたったひとりで続けてきた管理人にはほんと頭が下がる。そのまとまった情報のおかげで遺体何人の人が豊かに音楽を楽しむことができただろうと思うと感謝の言葉とともに、冥福を祈らずにはいられない。

 「Freude」の終焉、月並みではあるが、これもまた「ひとつの時代が終わった」という感慨を強く抱かせずにはいられなかった。