イアン結び

ウォーキングを日常的にしている身としては、その最中で靴紐がほどけてしまうのは非常に気にかかることだ。ほっとくとほどけた紐が歩く度にぶらんぶらんして気持ち悪いしかつ危険。中断して靴紐を結び直すことになるのだが、なんだろう、急いで結ぶのが悪い…

 天才"傍流"マンガ家の限界~岡崎二郎「ビフォー60」

岡崎二郎の名前は一般にはどれだけ知られているだろうか? 一部コアなファンからは「マンガ界の星新一」「藤子・F・不二雄の正統な後継者」と称されるまでに高い評価を維持し続けているのだが、おそらくその名を聞いて「ああ、あの…」と分かる人は相当マニ…

漢字書き取りの効用

数か月前から毎日漢字の書き取りを始めました。 思い立ったその日になんか適当な問題がないかとネットで探して「毎日漢字」というページを見つけ、毎日15問づつ、内容的にも自分に適当そうなのでその日のうちにノートに書きだし始めました。そのノートももう…

哀悼 三好 銀

来月発売されるマンガの新刊をチェックしていて"三好 銀"の名前を見つけ、「おお、久々に新刊が出るのか」と喜んだのもつかの間、「追悼作品集」の文字が目に入って硬直した。 え…三好 銀って――亡くなったの? あわてて検索してみると、今年の8月末、膵臓が…

レニングラードフィルとサンクトペテルブルクフィル

先日NHKで放送されたテルミカーノフ/サンクトペテルブルクフィルの演奏するショスタコーヴィチの交響曲第7番「レニングラード」を聴いて、なんとも複雑な気持ちになった。 僕がクラシックを聴きはじめた中学時代、レニングラードフィルとと言えば"泣く…

「響け!ユーフォニアム」第2期への期待と不安

今週からいよいよ「響け!ユーフォニアム」の続編、所謂"第2期"の放映が始まる。昨年、いい歳こいてこのアニメには思いっきりはまり、TVの総集編と知りつつ劇場版にまで手を出してしまった身としては、楽しみにしない訳にはいかない。 一応言っておくと僕…

「冗談の通じない奴だなぁ」

と言う輩ほど、往々にして冗談では済まされない事をしているものだ。

緩慢な悲劇~ヤマシタトモコ「花井沢町公民館便り」

子供の頃にはちょっとありえなかったことだけども、最近は新聞でもマンガの書評が定期的に載るようになった。知ってる作品が取り上げられていればどんなふうに書かれてるかついしげしげと見てしまうのだが、こういうのに執筆している人はちょっと斜に構えて…

リードが"へたる"とはどういうことか?

「1周回って知らない話」といえば最近やってるTV番組だけども、それとは別に、気がつけば自分のまわりにもずっとやってるのに改めて考えてみるとどういうことか分かってない事があることにある日突然気がつかされたりする。そういうのって「今さら他人(ひ…

"厄災"としてのゴジラ ~「シン ゴジラ」を観て(ネタバレ注意)

遅ればせながら先日、話題の映画「シン ゴジラ」を観てきました。 子供の頃、TVや映画で怪獣に囲まれて育ったおかげで今でもそういうものに対する抵抗はないけども、一方でやはり大人になるといろいろ目線も上 がってきて、正直子供だましのものを今更観る…